花巡りその109

朝顔

古典園芸植物として江戸時代から
柿色とも焦げ茶色とも、團十郎の歌舞伎十八番「暫」の素袍(すおう)の色から命名ともいわれている。
つるなし朝顔の白

花言葉「愛情」、白は「固い絆」赤は「はかない情熱的な愛」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください