花巡りその46

秋の七草のひとつ
仲秋の名に萩、薄に団子を供える。
万葉集など古くから日本人に詠まれている。「さを鹿の朝たつ野べの秋萩に玉とみるまでおける白露」(大伴家持)
花言葉は、思案、内気です。神代植物公園、府中郷土の博物館で見ごろ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください